元CA・キャバ嬢のよまいごと

元CAで元キャバ嬢の筆者・蝶々魚による、航空業界や夜の世界、その他関心ごとについてのブログ。二次元、声優、お酒が大好物です。

元CAキャバ嬢おすすめ、第一印象が良くなる・さらにアップする方法

どうも、蝶々魚です。


三府県も無事、緊急事態宣言解除となりましたね。

私の暮らす地域も含まれますので、
やっと仕事にも復帰出来そうで何より。


まだ解除が先の都道県もありますが、
先が見えなかった頃と比べて気持ち的に随分違いますよね。


引き続きマスクや手洗いうがいなどは怠ることなく、
それでも少しずつ元の生活に戻っていけることに幸せを感じます。


大好きなお店を応援したいですが、
(本当はただただ早く飲みに行きたいだけ)
外出もちょっとずつちょっとずつですね。





さて今日はタイトルの通り、

第一印象が良くなる・さらにアップする方法

ということですが。



f:id:pinotairways:20200522191313j:plain




私は以前、客室乗務員、キャバクラでのホステスの仕事を経験しました。

どちらも接客業であるため、お仕事の中で第一印象がとても重要な鍵を握っていました。



CAのお仕事では、明るく上品に、それでいて健康的で親しみやすい印象が求められました。
お客様にご用の際は(ご用がなくとも)いつでもお声掛けしてください、
というメッセージを見た目からも伝えるためですね。

それに、ただでさえ地上とは異なる環境ですので、
クルーが健康的でないとお客様の方が体調を悪くしてしまいかねません。
ですがいちいちお客様一人一人にそれをお伝えするわけにもいきません。

ですので、CAには見ただけで信頼してもらえるような印象を作ることも大事な仕事の1つなのです。



そして、CA受験においても第一印象はむちゃくちゃ大切。

これで試験を左右すると言っても過言ではない、と個人的には思っています。
何しろ、私自身、受け答えは大した内容を話せていなかったにも関わらず、
とにかく第一印象を作り込むことに徹底した結果、内定をいただくことが出来たのです。




キャバクラ嬢はどうか。

こちらは自分自身が商品。
内面磨きも大切ですが、当然見た目を磨くことも商品価値を高める上でとっても重要。

どんなに心の美しい、気配りのできる女性であったとしても、
第一印象が箸にも棒にもかからないようであれば、まずお客様はつきません。
お客様がつかないと、自分のお給料が増えませんし、最悪クビになってしまうこともあります。
だってそんなキャストがいてもお店にとってメリットがないですものね。

なので、まずは第一印象を磨くことが最初のお仕事なのです。






ここからは第一印象アップのための方法をご紹介していきます。




f:id:pinotairways:20200522191531j:plain



①自分に似合うメイク、服装、髪型を知り、徹底すること


第一印象アップのためにはとにかく自分に似合うものを身につけ、
自分の持ち味を生かした姿になること、です。


流行などを取り入れるのも素敵ですし、なりたい理想の姿を追い求めるのも良いですが、

いますぐ実践できる方法としては、
とにかく「素材を最大限に生かすこと」が大切です。


そのためには、


自分のことをよく知る
どんな服装・髪型があるのか
それが世間的にどう見られているものなのか
自分の目的にとって相応しいものか

上記の研究をする必要があります。


自分のことを知って良いところがわかれば、その個性をどんどん伸ばしてあげてください。

たとえば、切れ長の目で身長が高いところが個性であれば、それを生かしたクールなスタイルに寄せてあげる。
パステルカラーでなくパキッとした色の、シンプルで長身が映えるデザインの服を選ぶなど(あくまで一例ですが)、自分を知ることが印象アップに繋がります。

ただし、ノーメイクに見えるナチュラルメイクが似合う優しい顔だからと、キャバ嬢としてトップを目指したいのにそれを貫き通す、などは「目的にとって相応しいもの」ではありませんよね。

水商売ではどんなメイクが一般的か知り、その中で自分の個性を打ち出せる方法、を考えていかなければなりません。

先の4要素をクリアして、自分の個性をフル活用出来るようになれば、第一印象アップに大きく繋がるでしょう。


 
少し話は逸れますが、自分に本当に似合うものってご存知ですか?
実は自分では敬遠していたものが案外他の人からは好評だったりするものです。


私の例だと、
おでこが広いので昔から前髪をあげることにコンプレックスがありました。
小学校からずーっとぱっつんにして、分けたり、掻きあげたりすることもほとんどなく、そんなスタイルは自分には似合わないものだと決めつけていました。
CA受験をしていた際も清潔感を出すため少しだけ横に分ける程度。
けれども、その頃受けたものは全て敗退しました。
が、ある時、エアラインスクールの仲間にオールバックにしてみたら、とすすめられました。
絶対にない、と思いましたが次の授業の際にトライしてみると、仲間にも先生にも褒められたのです。
自分ではコンプレックスだったおでこもオールバック向きの形とのこと。
大人しそうな見た目(つまり頼りなさげ)からしっかり前髪を上げることでキリッと引きしまって見えるということでした。
単純に自信がついたからか、それとも印象が良くなったからか、そこからはなんと数社のエアラインから内定をいただくことが出来ました。


人生でずーっと一緒にいる自分のことはどうしても客観視出来なかったりします。
こんなのが似合うかなーとトライしてみては、あれ何か違った…?ということが多い方は、
信頼できる人の意見を聞いてみるのも1つかと思います。



②笑顔はまじで武器、お仕事にも恋愛にも


笑顔は大切、なんてもうご存知だと思いますが。
でも、その威力って本当にすごいんですよ!
正直3項目のどれか1つを取れと言われたら迷わず笑顔を選んでしまうほどです。

笑顔の種類には色々あります。
微笑、歯を見せた笑顔、顔がくしゃくしゃになるほどの満面の笑顔
これを使い分けることで印象を大きく操作することが出来ます。



微笑

CAは客室内を巡回する時、この表情であることが多いです。
微笑は人に安心感を与えるからです。
声を掛けずらそうなお客様には「話しかけていいんだ」、空の旅が苦手なお客様には「飛行機は怖くないんだ」、
そう安心していただけるよう、常に微笑で巡回することを心掛けています。

口を閉じたまま口角を少し上げて、目を柔らかく細めることで表現できます。
口の方は最初からうまく出来ることが多いのですが、
目の方が案外難しかったりします。
練習する場合は、マスクをして、目だけで笑ってみると良いと思います。
上手くできているつもりが、意外と目だけ笑えていなくて自分でビクッとすることも。(体験談)

安心感を与える微笑は、
大抵の職業に共通して、良い武器になると思います。

また、この表情が出来ることで恋愛においてもとっても有利に働きます。
①で外見を磨き、ニコッと微笑むだけで恋愛成就率は大きく跳ね上がるでしょう。




歯を見せた笑顔

歯を見せた笑顔は人に爽やかでハツラツとした印象を与えます。
ですので、CAは搭乗時や降機時にこの表情でいることが多いのです。

ぐいっと口角を上げて、上の歯が見えるように笑顔を作ります。
目は微笑と同じく優しく細めます。

爽やかで誠意の伝わる表情なので、営業のお仕事にも向いていますね。



満面の笑顔

こちらはCA時代は、お客様とお話ししている際に、それがとっても面白いお話だった時に使っていました。

満面の笑顔は相手に面白い・楽しいを伝えます。
加えて、人懐っこさや強い好意を伝えることも出来ます。

キャバ嬢時代には、特定のお客様にのみこの表情を見せることで、
お客様に特別感を持ってもらえる上、あなたを良く思っていますよと好意も伝わるので大切な時に使っていました。





f:id:pinotairways:20200523014233j:plain





笑顔を駆使するだけで、印象を引き上げられることは伝わりましたか?


さらに、笑顔でいることで自分自身もなんとなくポジティブな気持ちになれると言います。
普段ネガティブで根暗な私ですが、笑顔でいるときは自然と自信が湧いてくるので、不安なときや緊張したときのおまじないとしてもとっても良いですね。


ただし、慣れないうちは気がつけば笑顔が消えていたり、ぎこちないものになっていたりするので
鏡の前で毎日練習することをおすすめします。
そして一日笑顔でお仕事した日は顔面筋肉痛も覚悟せねばなりません…




③話し方、物腰で第一印象をさらに上の次元へ


話し方や物腰も第一印象を上げる上でとても重要な役割を担ってくれます。

特に①や②と関連づけることで大きく機能してきます。
同じ文言を言ったとしても、言った時の表情や物腰で随分印象は異なります。

たとえば、
「いらっしゃいませ」

真顔で、吐き捨てるように言われたらどう思いますか?
ニヤリと、囁くように言われたら?
微笑みながら、はっきり爽やかに言われたら?
満面の笑顔で抱きつきながら言われたら?

どれもシチュエーションによってはありえますよね。
でも印象はかなり違います。

真顔だと、全く歓迎されていないのだなと、
ニヤッとされたら、裏の意味が含まれているのだなと、
微笑みながらだと、優しそうで信頼出来そうだなと、
満面の笑顔で抱きつきながらだと、自分に好意があるのだなと、
こんな印象になると思います。

第一印象を良くする、という意味では、後者2つのようなポジティブな表現が当てはまるのでしょうが、
状況によって臨機応変に使い分けなければなりません。


  
それと、ミラーリングという言葉はご存知でしょうか。
最近は人間関係や恋愛のノウハウ本でも目にする機会が多いので、知っている方も多いと思います。

心理学の世界でよく知られるものだそうですが、
簡単に言うと、相手の表情や行動、雰囲気を鏡越しに見るように真似ることで、親近感を持ってもらえるというものですね。
興味のある方は是非調べてみてください。


人間は自分と似たものに親しみ、好感を覚える傾向があります。

相手に気づかれるレベルでがっつり真似したのでは、反感を買ってしまいかねませんが、
気がつけば同じ動作をしていた、というふうに自然に取り込めると第一印象アップのためにとても効果的です。


たとえば、
相手がグラスを持ったタイミングで自分もグラスを持つ、
相手が髪を触ったタイミングで自分も、といった感じです。
 
あくまで「鏡に写ったように」ですので、方向にはお気をつけて。

やり過ぎや不自然な動きには注意ですが、
私もキャバ嬢時代によく使っていた方法で、これはめちゃくちゃ効果があるのでおすすめです。







さて、上記いかがでしたか。

少しでも誰かのお役に立てればいいなぁ。





では、
今日も1日楽しみましょう!